ネパールの歴史
 

ネパールの歴史は約2千年あると言われています。ネパールの歴史では今まで四つ王朝がありました。キラテイ王朝、リッチビ王朝、マッラ王朝、シャハー王朝でおります。リッチビ王朝のアンスバルマ王国の時代はネパールの黄金時代だと言われています。リッチビ王朝の吠残はチャングナラヤン寺院、ボードナートスツーパ等です。この時代には数多く仏教の寺院が建てられました。15世紀からマッラ王朝があらわれました。マッラ王朝の最初の国王はヤッチャマッラでおりました。17世紀ごろマッラ王朝の兄弟は別れてカトマンズ、ラリトプル、バクタプルを丠つの国を建てました。それで今なお丠つの宮殿が残っています。マッラ時代には数多くヒンズーの寺院が建てられました。18世紀以前はネパールで数多く小さな国がありました。ゴルカと言う地方からピリテイビナラヤンシャハーと言う王様は出てきて現在の国を統一しました。1951年に国の中で初めてトリブヴァン。ビルビクラムシャハーと言う王様が民主主義をもたらしました。1961年から国のシステムを夠わってパンチャエットと言う1党だけの政治をやっていましたが、1990年に入って再度、複数政党体制ができあがりました。シャハー王朝の中で今の国王は13代国王です。